top of page

フリーランスウェブデザイナーの裏側大公開


フリーランス

フリーランスウェブデザイナーは、会社員と比べて、自由度や収入面でメリットがある一方で、リスクや責任も大きいという特徴があります。


そこで、今回は、フリーランスウェブデザイナーのメリット・デメリットを徹底比較し、フリーランスウェブデザイナーを目指すかどうかの参考にしていただければと思います。


目次





フリーランスウェブデザイナーのメリット


由度が高い

フリーランスウェブデザイナーは、会社員と比べて、働く時間や場所、方法を自由に決めることができます。

例えば、自分の好きな時間に働きたい場合は、夜間や休日も働くことができます。また、自宅やカフェなど、好きな場所で働くこともできます。


収入が高い

フリーランスウェブデザイナーは、会社員と比べて、収入が高い可能性があります。

会社員の場合は、給与が固定されているため、実力に見合った収入を得られない可能性があります。一方、フリーランスウェブデザイナーは、自分のスキルや経験を活かして、高単価の案件を獲得することで、高収入を実現することができます。


やりがいがある

フリーランスウェブデザイナーは、自分のスキルや経験を活かして、クライアントの要望を形にすることができます。

クライアントの満足そうな顔を見ることで、やりがいを感じることができます。


フリーランスウェブデザイナーのデメリット


収入が不安定

フリーランスウェブデザイナーは、収入が不安定になる可能性があります。

案件が獲得できなければ、収入がゼロになることもあります。そのため、リスクヘッジのために、複数の案件を獲得しておくことが大切です。


責任が大きい

フリーランスウェブデザイナーは、自分で案件を獲得し、納品まで責任を負います。

納期や品質に遅れがあると、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性があります。そのため、スケジュール管理や品質管理をしっかりと行うことが大切です。


労働時間が長くなる

フリーランスウェブデザイナーは、案件によっては、労働時間が長くなる可能性があります。

納期に間に合わなければ、残業や休日出勤をしなければならないこともあります。そのため、ワークライフバランスを意識して、働き方を工夫することが大切です。



まとめ

フリーランスウェブデザイナーは、会社員と比べて、自由度や収入面でメリットがある一方で、リスクや責任も大きいという特徴があります。

フリーランスウェブデザイナーを目指すかどうかは、自分のスキルや経験、ライフスタイルなどを考慮して、慎重に判断しましょう。



フリーランスウェブデザイナーになるためのステップ


フリーランスウェブデザイナーになるためには、以下のステップを踏む必要があります。


スキルや経験を身につける

フリーランスウェブデザイナーとして活躍するためには、ウェブデザインやコーディングなどのスキルや経験を身につける必要があります。

独学で学ぶこともできますが、スクールやセミナーを受講して、体系的に学ぶのもおすすめです。


ポートフォリオを作成

自分のスキルや経験をアピールするために、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオには、自分の作品や実績をまとめたものを用意します。


案件を獲得する

ポートフォリオを作成したら、案件を獲得しましょう。

クラウドソーシングやフリーランスエージェントなどを活用して、案件を探すことができます。


④スキルアップを続ける

ウェブデザインやコーディングの技術は、日々進化しています。

スキルアップを続けることで、より多くの案件を獲得できるようになり、収入アップやキャリアアップにつながります。



フリーランスウェブデザイナーの将来性

フリーランスウェブデザイナーの将来性は、明るいと予想されています。

インターネットの普及により、ウェブサイトやウェブサービスは、今後もますます重要になっていくことが予想されます。

そのため、ウェブデザイナーの需要は、今後も高まっていくと考えられます。


ただし、フリーランスウェブデザイナーは、競争が激しいというデメリットもあります。

そのため、スキルや経験を磨いて、差別化を図ることが大切です。


以上、フリーランスウェブデザイナーのメリット・デメリットを徹底比較しました。


フリーランスウェブデザイナーを目指すかどうかの参考にしていただければと思います。



自力ウェブスクールのフリーランスコースでは、ウェブデザインの知識を学べるだけでなく、1件目のお仕事の獲得〜遂行までを完全サポート致します!

フリーランスのウェブデザイナーとして働きたいあなたにピッタリです。



Comments


bottom of page