top of page

フリーランス時給換算したらいくらになる??


フリーランス

フリーランスとして働く際には、自分のスキルや経験に見合った単価を設定することが大切です。単価を高く設定することで、収入を増やすことができます。

本記事では、フリーランスの時給相場や、単価を決める際に考慮すべきポイントを解説します。

目次



1.フリーランスの時給相場

フリーランスの時給相場は、スキルや経験、業界、地域などによって異なります。

一般的な相場としては、以下のとおりです。


  • 初心者:1,000円~2,000円

  • 中級者:2,000円~3,000円

  • 上級者:3,000円~5,000円


ただし、上記はあくまでも目安であり、実際にはもっと高額な単価で仕事を受注することも可能です。



2.フリーランスの単価を決める際に考慮すべきポイント


フリーランスの単価を決める際には、以下のポイントを考慮しましょう。


  • スキルや経験

自分のスキルや経験を踏まえて、適切な単価を設定しましょう。初心者であれば、まずは低めの単価からスタートし、スキルや経験を積むにつれて単価を上げていくのが一般的です。スキルや経験を客観的に評価するためには、以下の方法が有効です。

◇自身のスキルや経験を棚卸しする

これまでの経験やスキルを整理して、自分の強みや弱みを把握しましょう。

◇スキルや経験のレベルを判断する

自身のスキルや経験を、初級・中級・上級などのレベルに分類しましょう。

◇市場の相場を調べる

同じスキルや経験を持つフリーランスの単価を調べて、相場を把握しましょう。

例えば、ウェブデザイナーとしてフリーランスで仕事をする場合、以下のスキルや経験を評価対象とすることができます。

  • HTML/CSS/JavaScriptなどのウェブ開発スキル

  • Photoshop/Illustratorなどのデザインスキル

  • UI/UXデザインスキル

  • コーディングスキル

  • プロジェクトマネジメントスキル

これらのスキルや経験を客観的に評価し、それに見合った単価を設定しましょう。


  • 業界や地域

業界や地域によって、単価の相場は異なります。IT業界やウェブ業界などの技術系の業界は、単価が高い傾向にあります。また、首都圏や大都市圏は、地方と比べて単価が高い傾向にあります。


  • 仕事の難易度

仕事の難易度によっても、単価は異なります。難易度の高い仕事は、単価が高くなる傾向にあります。


  • 納期や納品物の量

納期が短い仕事や、納品物の量が多い仕事は、単価が高くなる傾向にあります。


  • 自分の希望

自分の希望する収入や働き方に合わせて、単価を設定しましょう。

フリーランスの時給を上げるためには、以下の方法が有効です。



3.フリーランスの時給を上げる方法


  • スキルや経験を磨く

スキルや経験を磨くことで、単価を上げることができます。資格を取得したり、勉強会やセミナーに参加したりして、スキルや経験をアップさせましょう。



  • 自分の強みを活かす

自分の強みを活かした仕事をすることで、単価を上げることができます。デザイン力やコーディング力などのスキルを活かして、高単価の仕事を受注しましょう。


  • 営業力を磨く

営業力を磨くことで、単価の高い仕事を獲得しやすくなります。自分のスキルや経験をアピールして、クライアントに信頼してもらいましょう。



まとめ


フリーランスの時給は、スキルや経験、業界、地域などによって異なります。自分のスキルや経験に見合った単価を設定することで、収入を増やすことができます。

単価を決める際には、上記のポイントを参考にして、適切な単価を設定しましょう。




バナー

自力ウェブスクールのフリーランスコースでは、ウェブデザインの知識を学べるだけでなく、

1件目のお仕事の獲得〜遂行までを完全サポート致します!

フリーランスのウェブデザイナーとして働きたいあなたにピッタリです。

Comments


bottom of page