top of page

【必須知識】基本知識をしっかり把握しよう!フリーランスの税金対策マニュアル!


ウェブデザイナー

フリーランスは、会社員とは異なり、自分で税金の申告や納付を行う必要があります。そのため、税金対策をしっかりと行うことが重要です。


2023年10月からインボイス制度がスタートしました。



目次



フリーランスの税金の種類

フリーランスが支払う税金は、以下のようなものがあります。

①所得税 

所得税は、1年間の所得金額に応じて課税される税金です。フリーランスの収入は、事業所得として所得税の対象となります。


②住民税

住民税は、都道府県と市区町村に支払う税金です。所得税の課税対象となった所得に対して、都道府県は「所得割」を、市区町村は「均等割」と「所得割」を課税します。


③個人事業税

個人事業税は都道府県に支払う税金です。事業所得が290万円を超えた場合に課税されます。


④消費税 

消費税は、物品やサービスの提供に対して課税される税金です。フリーランスが一定以上の売上を上げた場合に課税されます。


⑤固定資産税

固定資産税は、土地や建物などの固定資産に対して課税される税金です。フリーランスが土地や建物を所有している場合に課税されます。


⑥国民健康保険料

国民健康保険料は、国民健康保険に加入している人に課税される税金です。国民健康保険は、健康保険の一種で、病気やケガの際に医療費を負担する保険です。


これらの税金はフリーランスの事業所得に応じて納税額が変動します。また、控除や免除の制度もあるので、きちんと確認して節税対策を行うことが大切です。



フリーランスの税金対策完全マニュアル

フリーランスの税金対策のポイントは、以下の4つです。

①経費を計上する

フリーランスは、仕事に必要な費用を経費として計上することができます。経費を計上することで、課税所得を減らし、税金を節税することができます。フリーランスの収入から経費を差し引いた所得金額が課税対象となります。そのため、経費を正しく計上することは、節税対策の基本です。経費として認められるものは、事業に関連した支出であり、かつ、事業に貢献しているもの、そして、世間一般から見て妥当なものとされています。具体的には、以下のようなものが挙げられます。


  • 事業に必要な物品やサービスの購入費

  • 事業に必要な交通費や宿泊費

  • 事業に必要な通信費や水道光熱費

  • 事業に必要な事務所の家賃

  • 事業に必要な保険料や税金

  • 事業に必要な教育費

  • 事業に必要な会費や寄付金

経費を計上する際には、領収書やレシートを必ず保管しておきましょう。


②青色申告を行う

白色申告と比べて、青色申告ではより多くの経費を計上することができます。また、青色申告特別控除として、最大65万円を所得金額から控除することができます。青色申告特別控除を受けるためには、帳簿の作成や記帳をする必要があります。


青色申告特別控除とは、青色申告を行う場合に受けられる控除です。控除額は、以下のとおりです。

  • 65万円の控除(初年度のみ55万円)

  • 35万円の控除

65万円の控除を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。


  • 複式簿記による帳簿の記帳を行う

  • 青色申告決算書を作成する

  • 所得税の確定申告書に青色申告承認申請書を添付して提出する

35万円の控除を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。


  • 単式簿記による帳簿の記帳を行う

  • 青色申告決算書を作成する

  • 所得税の確定申告書に青色申告承認申請書を添付して提出する


③節税対策を利用する

税金対策を利用するのも一つの方法です。節税対策には、iDeCoやふるさと納税など、さまざまなものがあります。自分に合った節税対策を利用しましょう。 以下の節税対策を利用するのもおすすめです。


  • 所得控除

  • 税額控除

  • 給付金

所得控除とは、収入から差し引くことができる控除です。税額控除とは、税額から差し引くことができる控除です。給付金とは、国や地方自治体から支給されるお金です。フリーランスは、会社員と異なり、自分で確定申告を行う必要があります。そのため、税金対策をしっかりと行うことが大切です。上記の対策を参考に、自分に合った税金対策を行いましょう。


④控除や免除の制度を活用する

フリーランスには、所得税や住民税、国民健康保険料などの控除や免除の制度があります。

たとえば、以下のようなものが挙げられます。


  • 給与所得者から事業所得者になった場合の所得金額控除

  • 高齢者控除

  • 障害者控除

  • 寡婦控除

  • ひとり親控除

  • 医療費控除

  • 寄附金控除

これらの制度を活用することで、節税効果を高めることができます。



フリーランスの税金対策の注意点

フリーランスの税金対策を行う際には、以下の点に注意が必要です。


①経費の計上はきちんと行う

経費として認められるのは、事業に関連した支出であり、かつ、事業に貢献しているもの、そして、世間一般から見て妥当なものとされています。そのため、経費の計上は慎重に行う必要があります。また、経費を計上する際には、領収書やレシートを必ず保管しておきましょう。


経費として計上できるかどうかは、以下の2つの要件を満たす必要があります。


  • 事業に必要なものであること

  • 金額が合理的であること

事業に必要なものとは、事業を営むために直接的に必要となるものです。例えば、パソコンやソフトウェア、文房具などは、事業に必要なものとして計上することができます。


金額が合理的とは、事業を営む上で通常必要となる金額であることです。例えば、1回の外食で2万円を経費として計上するのは、合理的とは言えません。経費の計上は、領収書やレシートなどの証拠を残すことが大切です。領収書やレシートは、税務調査の際に求められる場合があります。


また、経費の計上は、青色申告特別控除を受けるためには必須です。青色申告特別控除を受けるためには、複式簿記による帳簿の記帳を行う必要があります。フリーランスは、自分で確定申告を行うため、経費の計上はしっかりと行うことが大切です。


経費の計上のポイントは、以下のとおりです。


  • 事業に必要なものかどうかを判断する

  • 金額が合理的かどうかを判断する

  • 領収書やレシートなどの証拠を残す

経費の計上は、フリーランスの税金対策において非常に重要です。上記のポイントを参考に、経費の計画を立てましょう。


②青色申告は事前に申請する

青色申告を行うためには、事前に税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。申請期限は、前年の12月31日までに提出する必要があります。

 

③税金の申告期限を守る

フリーランスは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を確定申告する必要があります。税金の申告期限は、原則として、毎年2月16日から3月15日までです。期限内に申告しなかった場合、延滞税や加算税などのペナルティが課される可能性があります。また、税金の申告期限を守らないと、給付金や助成金などの受給資格を失う場合もあります。


税金の申告期限を守るためには、以下の点に注意しましょう。


  • 早めに準備を始める

確定申告は、書類の収集や記帳、計算など、さまざまな作業が必要です。早めに準備を始めることで、余裕を持って申告を行うことができます。


  • e-Taxを利用する

e-Taxを利用することで、インターネットから確定申告を行うことができます。e-Taxを利用すれば、郵送による申告に比べて、申告期限内に申告する可能性が高くなります。


  • 税理士に依頼する

自分で確定申告を行うのが不安な場合は、税理士に依頼することもできます。税理士に依頼すれば、正しく確定申告を行うことができます。


フリーランスは、自分で確定申告を行うため、税金の申告期限を守ることが大切です。上記のポイントを参考に、税金の申告期限を守りましょう。税金の申告期限を守ることで、税務調査などのリスクを減らすことができます。また、給付金や助成金などの受給資格を失う可能性も少なくなります。


④控除や免除の制度は事前に確認する

フリーランスには、所得税や住民税、国民健康保険料などの控除や免除の制度があります。控除や免除の制度を事前に確認しておくことで、無駄な税金を払うことを防ぐことができます。また、より多くの控除や免除を受けることで、節税効果を高めることができます。

控除や免除の制度を利用する際のポイントは、以下のとおりです。


  • 控除や免除の要件を満たしているかを確認する

  • 控除や免除を受けるためには、必要な書類を用意する


⑤税金対策は専門家に相談する

税金対策は、専門的な知識が必要となります。税金対策に不安がある場合は、税理士に相談することをおすすめします。税金対策は、専門家に相談することで、より効果的に行うことができます。税理士や会計士に相談して、自分に合った節税対策を検討しましょう。



まとめ

フリーランスの税金対策は、決して簡単なことではありません。しかし、しっかりと準備をして、節税対策をすることで、納税額を減らすことができます。



バナー

Comments


bottom of page