フリーランスのウェブデザイナーは女性におすすめ!その理由とは?






こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!





ウェブデザイナーのお仕事は、パソコンがあれば在宅で働くことが可能です。仕事から帰った平日の夜間や週末に、副業としてウェブデザイナーの仕事をしている人が多いのも、どこかの職場に出勤する必要がなく、自宅で働けるという理由が大きいのではないでしょうか。


在宅で働けることは、女性にとっては大きなメリットがあります。例えば、小さなお子様やご高齢の方のお世話をしているなど、家庭の事情で出勤できない人でも働けます。また、家事と両立して働けるという点も大きな魅力です。




初期費用がかからずに始められる


フリーランスとして独立する場合、職種によっては必要な作業環境を整えるために機材が必要になるなど、まとまった費用がかかるケースは少なくありません。しかし、ウェブデザイナーの場合には、パソコンの中に作業に必要なソフトやツールをインストールする必要はあっても、基本的にパソコン1台あれば作業することが可能です。


まとまった初期費用をかけずに始められることは、家計に大きな影響を与えることなくスタートできるというメリットがあります。稼げるかどうか分からないという不安を抱えている人にとって、これは大きな魅力と言えるでしょう。












女性は共感性が高いデザインが得意


男性と女性と比較した場合、一般的に女性の方が共感性の高いデザインを得意とする傾向があります。共感性が高いデザインとは、学習や経験によるスキルだけが大きく関係しているわけではなく、男女間でも差があります。共感性が高いデザインを作成する点においては、女性の方が適しているのです。



ウェブデザインには流行やトレンドなどがあり、ウェブデザイナーは常に最新のトレンドを意識しながら作業をしなければいけません。どんなにハイスペックな機能を搭載しているホームページでも、見た目が古い印象だと、企業からの評価は決して高くならないでしょう。




柔らかいコミュニケーションが得意


女性は、男性よりもコミュニケーションスキルが高い傾向にあります。対人スキルやコミュニケーションスキルが高い人は、その点でもフリーランスのウェブデザイナーとしての素質があると言えます。



フリーランスのウェブデザイナーは、企業とコミュニケーションを取りながら、企業が求める方向性を把握して、ウェブデザインの作業を進めていきます。

コミュニケーションが不十分だと、見た目は良くても

「企業が意図する目的を果たしていない」、

「後から更新や拡張がしづらくて使い勝手の悪いデザインになってしまう」

などのトラブルが発生するかもしれません。せっかくの作業が無駄になるだけでなく、企業からの評価も下がるでしょう。


ウェブデザイナーのお仕事は、実際の作業は在宅ですることは可能です。しかし、それ以外に、Webやメールなどの方法で企業と密なコミュニケーションを取ることが求められます。




フリーランスで働くための特別な資格が必要ない


フリーランスのウェブデザイナーになるには、最低でもウェブデザインに関するスキルやノウハウは必要です。しかし、国家資格や民間の資格などがなければ働けないというお仕事ではありません。実務に必要なスキルがあれば、誰でも働くことは可能です。始めやすいという点でも、ウェブデザイナーは人気が高いお仕事なのです。


もしも将来はフリーランスのウェブデザイナーとして働きたいけれど、現在はウェブデザインのスキルに自信がないという人は、ぜひオンラインスクールに通って必要なスキルを学んでみませんか?



いきなりフリーランスとして独立しなくても、最初は小さな案件を副業として受注しながら実績を積み、将来的にフリーランスになるという方法もアリです。



まとめ

​✍在宅で働きたい女性にウェブデザイナーはおすすめ!

​✍男性より女性ののデザインの方が、共感が高いデザインを得意とする

​✍柔軟なコミュニケーションが取りやすい

​✍資格がなくても働ける、初期投資が高くないので、始めやすい





「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?




閲覧数:8回0件のコメント