top of page

ウェブデザイナーへの転職を目指したいあなたへ!ウェブデザイナーになるための具体的な方法とは


ウェブデザイナー

Webデザインに興味があり、Webデザイナーを目指したいと考えている方は多いと思います。

本記事では、Webデザイナーになるための具体的な方法や、Webデザイナーとして活躍するために必要なスキルについて解説します。


ウェブデザイナーへ転職したい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください!


求人おすすめサイトの記事はこちら



目次



1. Webデザイナーの仕事内容とは


Webデザイナーの仕事内容は、Webサイトのデザインやレイアウト、コーディングなどを担当することです。具体的には、以下のような業務を担当します。


  • クライアントの要望をヒアリングし、Webサイトのコンセプトやデザインを検討する

  • デザインを元に、HTMLやCSSなどのコーディングを行う

  • 画像や動画などの素材を制作する

  • サイトの動作やコンテンツの確認を行う


2. Webデザイナーの就職や転職状況


近年、Webサイトの需要が高まっていることから、Webデザイナーの需要も高まっています。また、Webデザイナーのスキルを活かして、フリーランスとして活躍する人も増えています。

厚生労働省の調査によると、Webデザイナーの平均年収は400万円前後です。また、フリーランスのWebデザイナーの平均年収は500万円前後です。



3. Webデザイナーになるための方法


Webデザイナーになるための方法は、大きく分けて2つあります。


  • スクールに通う

  • 独学で勉強する

スクールに通う方法は、プロの講師から直接指導を受けることができるため、効率的にスキルアップすることができます。しかし、費用がかかる点や通学する時間が必要になる点がデメリットです。

独学で勉強する方法は、自分のペースで学習を進めることができるため、費用を抑えることができます。しかし、学習の方向性が定まらないと、モチベーションが維持しにくくなる点がデメリットです。



4. Webデザイナーに必要なスキル


Webデザイナーとして活躍するためには、以下のスキルが必要です。


  • デザインスキル

  • コーディングスキル

  • マーケティングスキル

デザインスキルは、Webサイトのデザインやレイアウトを担当するために必要なスキルです。コーディングスキルは、Webサイトの機能を実現するために必要なスキルです。マーケティングスキルは、Webサイトのターゲットや目的を理解し、効果的なWebサイトを制作するために必要なスキルです。



5. 独学でWebデザイナーを目指す場合の勉強法


独学でWebデザイナーを目指す場合の勉強法は、以下のとおりです。


・目標と計画を立てる

まずは、Webデザイナーとしてどのような仕事をしたいのか、目標を定めましょう。目標を定めることで、学習の方向性が定まり、モチベーションが維持しやすくなります。


・基礎知識を学ぶ

Webデザインの基礎知識を学ぶためには、教材やWebサイト、動画などを活用しましょう。

基礎知識を身につけることで、Webデザインの全体像を理解することができます。


・実践的なスキルを身につける

実践的なスキルを身につけるためには、実際にWebサイトを制作してみるとよいでしょう。

Webサイトを制作することで、コーディングやデザインなどのスキルを身につけることができます。


・ポートフォリオを作成

Webデザイナーとして就職や転職をする場合、ポートフォリオが必須です。

ポートフォリオには、これまで制作したWebサイトやデザインなどをまとめましょう。


・アウトプットをする

アウトプットをすることで、自分の考えや知識を整理し、理解を深めることができます。

ブログやSNSで発信したり、勉強会に参加したりするのもよいでしょう。



6. 挫折しないためのポイント


Webデザインの勉強は、時間と労力が必要です。挫折しないためには、以下のことに注意しましょう。


  • 目標を達成するための具体的な計画を立てる

  • 定期的にモチベーションを高める

  • わからないことはすぐに調べる

  • 周囲のWebデザイナーと交流する



7. まとめ


Webデザイナーは、Webサイトのデザインやレイアウト、コーディングなどを担当する職種です。近年、Webサイトの需要が高まっていることから、Webデザイナーの需要も高まっています。

Webデザイナーになるためには、デザインスキル、コーディングスキル、マーケティングスキルの3つのスキルが必要です。独学で勉強することも可能ですが、目標と計画を立てて、基礎知識を身につけ、実践的なスキルを身につけることが大切です。


バナー

Comments


bottom of page