top of page

【コーディングスキルが不要】ノーコードツールおすすめ3選!Wix、Jimdo、BASE、選ぶポイント!

【コーディングスキルが不要】ノーコードツールおすすめ3選!Wix、Jimdo、BASE、選ぶポイント!

ノーコードツールは、HTMLやCSSなどのコーディングスキルがなくても、簡単にWebサイトやWebアプリケーションを作成できるツールです。近年、ノーコードツールの人気が高まっており、さまざまな種類のノーコードツールが登場しています。


そこで、本記事では、ノーコードツールのおすすめ3選を紹介します。



目次


 


おすすめのノーコードツール3選


Wix

Wixは、世界で最も人気のあるノーコードツールです。豊富なテンプレートと機能が用意されており、初心者でも簡単にWebサイトを作成することができます。


Jimdo

Jimdoは、日本語に完全対応したノーコードツールです。直感的な操作でWebサイトを作成することができ、初心者でも安心して利用できます。


BASE

BASEは、ECサイトを作成することに特化したノーコードツールです。豊富なデザインテンプレートが用意されており、簡単にオリジナルのECサイトを作成することができます。



Wixのおすすめポイント

Wixのおすすめポイントは、以下のとおりです。


豊富なテンプレートと機能

Wixには、1000種類以上のテンプレートと500種類以上の機能が用意されています。テンプレートを使うことで、簡単にWebサイトを作成することができます。


ドラッグ&ドロップ操作

Wixは、ドラッグ&ドロップ操作でWebサイトを作成することができます。そのため、HTMLやCSSなどのコーディングスキルがなくても、簡単にWebサイトを作成することができます。


モバイルファースト設計

Wixは、モバイルファースト設計に対応しています。そのため、スマートフォンやタブレットでも快適に閲覧することができます。



Jimdoのおすすめポイント

Jimdoのおすすめポイントは、以下のとおりです。


日本語対応

Jimdoは、日本語に完全対応しています。そのため、日本語でWebサイトを作成することができます。


直感的な操作

Jimdoは、直感的な操作でWebサイトを作成することができます。そのため、初心者でも安心して利用できます。


無料プランあり

Jimdoには、無料プランが用意されています。そのため、まずは無料で試してから、有料プランに移行することができます。


BASEのおすすめポイント

BASEのおすすめポイントは、以下のとおりです。


ECサイト作成に特化

BASEは、ECサイトを作成することに特化したノーコードツールです。そのため、ECサイトを簡単に作成することができます。


豊富なデザインテンプレート

BASEには、豊富なデザインテンプレートが用意されています。テンプレートを使うことで、簡単にオリジナルのECサイトを作成することができます。


無料プランあり

BASEには、無料プランが用意されています。そのため、まずは無料で試してから、有料プランに移行することができます。


ノーコードツールを選ぶ際のポイント

ノーコードツールを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。


目的に合った機能が備わっているか

Webサイトの目的に合わせて、必要な機能が備わっているか確認しましょう。


操作が簡単か

初心者でも簡単に操作できるか確認しましょう。


コストが適切か

無料プランや有料プランが用意されているサービスを選びましょう。


サポート体制が充実しているか

困ったときにサポートを受けられるか確認しましょう。


ノーコードツールが初心者におすすめな理由


ノーコードツールは、HTMLやCSSなどのコーディングスキルがなくても、簡単にWebサイトやWebアプリケーションを作成できるツールです。そのため、Webデザインやプログラミングの知識がない初心者でも、WebサイトやWebアプリケーションの作成にチャレンジすることができます

ノーコードツールが初心者におすすめな理由は、以下のとおりです。


コーディングスキルが不要

ノーコードツールを使えば、HTMLやCSSなどのコーディングスキルがなくても、簡単にWebサイトやWebアプリケーションを作成することができます。そのため、Webデザインやプログラミングの知識がない初心者でも、気軽に始めることができます。


操作が簡単

ノーコードツールは、ドラッグ&ドロップやマウス操作でWebサイトやWebアプリケーションを作成することができます。そのため、初心者でも簡単に操作することができます。


コストが抑えられる

ノーコードツールの多くは、無料プランや低価格の有料プランが用意されています。そのため、コストを抑えてWebサイトやWebアプリケーションを作成することができます。

もちろん、ノーコードツールには、以下のようなデメリットもあります。


自由度が制限される

ノーコードツールは、あらかじめ用意されたテンプレートや機能を組み合わせてWebサイトやWebアプリケーションを作成します。そのため、自由度が制限される場合があります。


高度なデザインや機能を実現できない

ノーコードツールでは、高度なデザインや機能を実現できない場合があります。

しかし、これらのデメリットを理解した上で、ノーコードツールを活用すれば、初心者でも簡単にWebサイトやWebアプリケーションを作成することができます。

以下に、ノーコードツールを活用してWebサイトやWebアプリケーションを作成するためのステップをご紹介します。



ノーコードツールを活用してWebサイトやWebアプリケーションを作成するためのステップ


1.目的に合ったノーコードツールを選ぶ

まずは、作成したいWebサイトやWebアプリケーションの目的に合ったノーコードツールを選びます。


2.ノーコードツールの基本操作を学ぶ

ノーコードツールの基本操作を学びます。ノーコードツールの公式ドキュメントやチュートリアルを参考にして、操作方法をマスターしましょう。


3.WebサイトやWebアプリケーションを作成してみる

ノーコードツールを使って、実際にWebサイトやWebアプリケーションを作成してみます。


4.ポートフォリオを作成して公開する

作成したWebサイトやWebアプリケーションをポートフォリオにまとめ、公開しましょう。


まとめ

ノーコードツールは、HTMLやCSSなどのコーディングスキルがなくても、簡単にWebサイトやWebアプリケーションを作成できる便利なツールです。


本記事で紹介したノーコードツールは、初心者でも使いやすいものばかりです。ぜひ、自分に合ったノーコードツールを見つけて、WebサイトやWebアプリケーションの作成にチャレンジしてみてください。



Comments


bottom of page