top of page

Webサイトの制作に役立つIllustratorとPhotoshopを解説


ウェブデザイナー

Webサイトの制作に役立つソフトウェアとして、IllustratorとPhotoshopが挙げられます。Illustratorは、ベクター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアであり、Photoshopは、ラスター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアです。



目次



Illustrator

Illustratorは、ベクター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアです。ベクター形式のグラフィックは、拡大縮小しても画質が劣化しないのが特徴です。そのため、ロゴやアイコンなどの、拡大縮小されることが想定されるグラフィックの制作に適しています。


Illustratorの主な機能は、以下のとおりです。


  • 線や図形の作成

  • 文字の入力や編集

  • 塗りつぶしやグラデーションの設定

  • マスクやレイヤーの利用

  • パスやオブジェクトの編集


Illustratorは、Webサイトの制作において、以下の役割を果たします。


  • ロゴやアイコンの作成

  • バナーやボタンの作成

  • イラストや図の作成

  • グラフィックの編集



Photoshop

Photoshopは、ラスター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアです。ラスター形式のグラフィックは、拡大縮小すると画質が劣化するのが特徴です。そのため、写真やイラストなどの、高画質が求められるグラフィックの制作に適しています。


Photoshopの主な機能は、以下のとおりです。


  • 画像の読み込みや編集

  • レイヤーやマスクの利用

  • フィルターやエフェクトの適用

  • 色彩調整

  • テキストの入力や編集


Photoshopは、Webサイトの制作において、以下の役割を果たします。


  • 写真やイラストの編集

  • バナーやボタンの作成

  • 画像の加工

  • 画像の合成



IllustratorとPhotoshopの使い分け

IllustratorとPhotoshopは、どちらもWebサイトの制作に役立つソフトウェアですが、それぞれに得意分野があります。


Illustratorは、ベクター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアであり、拡大縮小しても画質が劣化しないのが特徴です。そのため、ロゴやアイコンなどの、拡大縮小されることが想定されるグラフィックの制作に適しています。


一方、Photoshopは、ラスター形式のグラフィックを作成するためのソフトウェアであり、高画質が求められるグラフィックの制作に適しています。そのため、写真やイラストなどの、高画質が求められるグラフィックの制作に適しています。


具体的な使い分けとしては、以下のとおりです。


ロゴやアイコンの作成

ロゴやアイコンは、拡大縮小されることが想定されるため、Illustratorで作成するのが一般的です。


バナーやボタンの作成

バナーやボタンは、Webサイトの訪問者に視覚的な情報を訴求する重要な要素です。そのため、IllustratorやPhotoshopで、デザイン性の高いバナーやボタンを作成しましょう。


イラストや図の作成

イラストや図は、Webサイトのコンテンツをよりわかりやすくするために使用されます。そのため、Photoshopで、高画質なイラストや図を作成しましょう。


グラフィックの編集

写真やイラストの加工や、画像の合成など、さまざまなグラフィックの編集を行う場合は、Photoshopを使用しましょう。


Webデザイナーとして活躍するためには、IllustratorとPhotoshopの両方を使いこなせるようにしておくことが重要です。


バナー

Comments


bottom of page