top of page

【意外と知らない!】Webデザイナーどんな働き方がある?


ウェブデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインやレイアウト、コーディングなどを担当する職種です。近年、Webサイトの需要が高まるにつれて、Webデザイナーの就職や転職も増えています。

Webデザイナーの働き方についてご紹介します。


目次



会社員として働く

会社員として働くWebデザイナーは、Web制作会社や広告代理店、企業のWeb部門などに所属して働きます。会社員として働くメリットとしては、給与や福利厚生が安定していること、仕事のスキルや経験を積みやすいことなどが挙げられます。デメリットとしては、営業や納期などの社内ルールに従う必要があること、自由度が低いことなどが挙げられます。


フリーランスとして働く

フリーランスとして働くWebデザイナーは、自分のスキルや経験を活かして、自由に働くことができます。フリーランスとして働くメリットとしては、自分のペースで働けること、収入や仕事の安定性を自分でコントロールできることなどが挙げられます。デメリットとしては、収入や仕事の安定性が不安定であること、営業や経理などの業務も自分で行う必要があることなどが挙げられます。


Webデザイナーのキャリアパスの選択肢

Webデザイナーのキャリアパスには、以下のようなものがあります。


  • Webデザイナーとしてスペシャリストになる

  • Webディレクターやプロデューサーになる

  • Webエンジニアになる

  • 起業する


Webデザイナーとしてスペシャリストになる

Webデザイナーとしてスペシャリストになるためには、Webデザインの基礎をしっかりと身につけ、さらに専門的なスキルや知識を身につける必要があります。例えば、UI/UXデザインや、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス対応のWebデザイン、Webマーケティングなど、特定の分野で専門性を高めることができます。


Webディレクターやプロデューサーになる

Webディレクターやプロデューサーは、Webサイトの企画や制作、運用などを総合的に担当する職種です。Webデザイナーとして経験を積んだ後、Webディレクターやプロデューサーを目指すことができます。Webディレクターやプロデューサーになるためには、Webデザインの知識やスキルに加えて、クライアントとのコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力などが求められます。


Webエンジニアになる

Webエンジニアは、Webサイトの設計や開発、運用などを担当する職種です。Webデザイナーとして経験を積んだ後、Webエンジニアを目指すことができます。Webエンジニアになるためには、Webデザインの知識やスキルに加えて、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語の知識やスキルが必要となります。


起業する

Webデザイナーとして経験を積んだ後、独立して起業することも可能です。起業する場合には、Webデザインのスキルや知識に加えて、営業やマーケティング、財務などの知識やスキルが必要となります。

Webデザイナーとしての働き方やキャリアパスは、自分の目的やスキル、適性に合わせて選択することが大切です。


まとめ

自分の目的やスキルを明確にするために、以下のポイントを検討してみてください。


  • Webデザイナーとして、何を実現したいか

  • 自分の強みや弱みは何か

  • どのような働き方をしたいか


これらのポイントを検討した上で、自分に合った働き方やキャリアパスを選択しましょう。


バナー

Comments


bottom of page