top of page

Webデザイナー以外でも活躍できる!Webデザインの資格を活かせる仕事や関連職種


ウェブデザイン

Webデザインの資格は、Webデザイナーとして活躍するためのスキルや知識を証明するものです。資格取得を目指すことで、Webデザインの基礎を体系的に学ぶことができます。

Webデザインの資格を活かせる仕事や職種は、大きく分けて以下の2つがあります。


  • Webデザイナー

  • 関連職種


それでは詳しく解説していきましょう。


こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね! ウェブデザインの資格は就職・転職に有利?


目次



Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインやレイアウト、コーディングなどを担当する職種です。Webデザインの資格を取得していれば、Webデザイナーとしての就職や転職に有利になります。

Webデザイナーの具体的な仕事内容は、以下のとおりです。


  • クライアントの要望をヒアリングし、Webサイトのコンセプトやデザインを検討する

  • デザインを元に、HTMLやCSSなどのコーディングを行う

  • 画像や動画などの素材を制作する

  • サイトの動作やコンテンツの確認を行う


Webデザイナーは、Web制作会社や広告代理店、企業のWeb部門など、さまざまな場所で活躍しています。



関連職種

Webデザインの資格を活かせる関連職種としては、以下のようなものがあります。


  • Webディレクター

  • Webエンジニア

  • UI/UXデザイナー

  • グラフィックデザイナー


Webディレクター

Webサイトの企画・設計・制作・運用などを総合的に担当する職種です。Webデザインの資格を取得していれば、Webディレクターとしての業務において、デザインに関する知識やスキルを活かすことができます。


Webエンジニア

Webサイトの設計・開発・運用などを担当する職種です。Webデザインの資格を取得していれば、Webエンジニアとしての業務において、デザインに関する知識やスキルを活かすことができます。


UI/UXデザイナー

Webサイトやアプリのユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)を設計する職種です。Webデザインの資格を取得していれば、UI/UXデザイナーとしての業務において、デザインに関する知識やスキルを活かすことができます。


グラフィックデザイナー

紙やWebなどの媒体に印刷するデザインを制作する職種です。Webデザインの資格を取得していれば、グラフィックデザイナーとしての業務において、Webデザインのスキルを活かすことができます。


Webデザインの資格を取得することで、Webデザイナーとして活躍するだけでなく、関連職種においても活躍の幅を広げることができます。



資格取得を目指す際のポイント

Webデザインの資格取得を目指す際のポイントは、以下のとおりです。


  • 自分の目的に合った資格を選ぶ


Webデザインの資格は、さまざまな団体から発行されています。資格の難易度や出題範囲は、団体によって異なります。自分の目的に合った資格を選ぶことが大切です。


  • 計画的に勉強する


Webデザインの資格取得には、一定の勉強時間が必要です。計画的に勉強することで、効率的に資格取得を目指すことができます。


  • 実践的なスキルを身につける


資格試験では、知識問題だけでなく、実技問題も出題されます。実践的なスキルを身につけることで、資格試験の合格率を高めることができます。


まとめ

Webデザインの資格を取得することで、Webデザイナーとして活躍するだけでなく、関連職種においても活躍の幅を広げることができます。

資格取得を目指す際のポイント

Webデザインの資格取得を目指す際のポイントは、以下のとおりです。

  • 自分の目的に合った資格を選ぶ


Webデザインの資格は、さまざまな団体から発行されています。資格の難易度や出題範囲は、団体によって異なります。自分の目的に合った資格を選ぶことが大切です。

  • 計画的に勉強する


Webデザインの資格取得には、一定の勉強時間が必要です。計画的に勉強することで、効率的に資格取得を目指すことができます。

  • 実践的なスキルを身につける


資格試験では、知識問題だけでなく、実技問題も出題されます。実践的なスキルを身につけることで、資格試験の合格率を高めることができます。 Webデザインの資格取得は、Webデザイナーとして活躍するための第一歩です。自分の目的に合った資格を選び、計画的に勉強することで、資格取得を目指しましょう。


bottom of page