top of page

Webデザインで避けたい色の組み合わせ


ウェブデザイナー

Webデザインにおいて、色は非常に重要な要素です。

色は、Webサイトやアプリの印象や雰囲気を大きく左右するだけでなく、ユーザーの行動や心理にも影響を与えます。


しかし、色の組み合わせによっては、ユーザーに不快感を与えたり、Webサイトの使い勝手を悪くしたりする可能性があります。


目次




1. Webデザインで避けたい色の組み合わせの紹介


コントラストが低い色の組み合わせ

コントラストが低い色の組み合わせは、文字や画像が読みにくく、ユーザーにとって不快感を与える可能性があります。例えば、黒と暗いグレーの組み合わせや、白と薄いグレーの組み合わせなどは、コントラストが低いため避けるべきです。


刺激的な色の組み合わせ

刺激的な色の組み合わせは、ユーザーの目を疲れさせる可能性があります。例えば、赤と黄色の組み合わせや、紫とオレンジの組み合わせなどは、刺激が強いため避けるべきです。


意味合いが異なる色の組み合わせ

意味合いが異なる色の組み合わせは、ユーザーに混乱を与える可能性があります。例えば、赤と緑の組み合わせは、信号機の色と似ているため、危険や警告を連想させる可能性があります。


慣習に反する色の組み合わせ

慣習に反する色の組み合わせは、ユーザーの理解を妨げる可能性があります。例えば、青色をリンクテキストに使用するのは一般的ですが、赤色をリンクテキストに使用すると、誤解を招く可能性があります。



2. 色の組み合わせにおいて好まれる色


Webデザインにおける色の組み合わせにおいて、好まれる色とは、多くのユーザーに受け入れられる色の組み合わせのことです。好まれる色の組み合わせは、以下のようなものが挙げられます。


コントラストが高い色の組み合わせ

コントラストが高い色の組み合わせは、文字や画像が読みやすく、視認性が高いため、多くのユーザーに好まれる傾向があります。例えば、黒と白の組み合わせや、赤と緑の組み合わせなどは、コントラストが高いため好まれます。


調和のとれた色の組み合わせ

調和のとれた色の組み合わせは、ユーザーに落ち着きを与えるため、多くのユーザーに好まれる傾向があります。例えば、青と緑の組み合わせや、黄色とオレンジの組み合わせなどは、調和がとれているため好まれます。


意味合いが同じ色の組み合わせ

意味合いが同じ色の組み合わせは、ユーザーにわかりやすいため、多くのユーザーに好まれる傾向があります。例えば、青色を信頼感や安心感を表現したい場合に使用したり、赤色を警告や危険を表現したい場合に使用したりすると効果的です。


慣習に沿った色の組み合わせ

慣習に沿った色の組み合わせは、ユーザーの理解を促進するため、多くのユーザーに好まれる傾向があります。例えば、リンクテキストは青色を使用するのが一般的です。

もちろん、好まれる色の組み合わせは、人によって異なります。そのため、ターゲットユーザーを意識した色の組み合わせを検討することが重要です。



3. よく使われる色の組み合わせ


Webデザインにおける色の組み合わせでよく使われる色の組み合わせとしては、以下のようなものが挙げられます。


モノトーン

黒と白の組み合わせは、コントラストが高く、視認性が高いため、多くのWebサイトで使用されています。


アナログカラー

隣接する色を組み合わせた色の組み合わせです。調和がとれており、落ち着いた印象を与えるため、多くのWebサイトで使用されています。


補色カラー

色相環で反対側に位置する色を組み合わせた色の組み合わせです。コントラストが高く、インパクトのある印象を与えるため、デザインのアクセントとして使用されています。


トーンオントーン

同じ色相の色を明度や彩度を変えて組み合わせた色の組み合わせです。統一感があり、落ち着いた印象を与えるため、多くのWebサイトで使用されています。


グラデーション

色の濃淡を連続的に変化させた色の組み合わせです。立体感や動きを表現するのに効果的です。


Webデザインにおける色の組み合わせは、Webサイトの印象や雰囲気を大きく左右する重要な要素です。ターゲットユーザーを意識し、デザインの目的に合わせて、効果的な色の組み合わせを検討することが重要です。



4.Webデザインで色の組み合わせを考える際の注意点


Webデザインで色の組み合わせを考える際には、以下の点に注意しましょう。



色の意味やイメージを理解する

色には、それぞれ異なる意味やイメージがあります。色の意味やイメージを理解することで、Webサイトやアプリの印象や雰囲気をより効果的に伝えることができます。


色のバランスを考える

色のバランスを整えることで、Webサイトやアプリがよりまとまりのあるデザインになります。色のバランスを考える際には、メインカラー、サブカラー、アクセントカラーを使い分けるのが効果的です。

ユーザーの視覚特性を考慮する

人間の視覚特性には、明るい色は目立つ、暗い色は目立たない、同じ色相の色はまとまりがある、異なる色相の色はまとまりがない、などがあります。Webデザインで色の組み合わせを考える際には、ユーザーの視覚特性を考慮することも大切です。


ターゲットユーザーを意識する

色の好みは人によって異なります。そのため、ターゲットユーザーを意識した色の組み合わせを検討することが重要です。


デザインの目的を明確にする

デザインの目的に合わせて、色の組み合わせを検討することが重要です。例えば、商品を売りたい場合は、購買意欲を高める色の組み合わせを検討するとよいでしょう。



まとめ

Webデザインで効果的な色の組み合わせを実現するためには、ターゲットユーザーを意識し、デザインの目的を明確にし、複数の色を組み合わせる際は、色のバランスを意識することが重要です。Webデザインで色の組み合わせを考える際には、さまざまな色の組み合わせを試してみるとよいでしょう。また、Webデザインの専門家やWebサイト、書籍などを参考にするのもおすすめです。



バナー

Commenti


bottom of page