top of page

フリーランスが営業で成功するためのテクニック


フリーランス

フリーランスとして仕事を獲得するためには、営業活動が欠かせません。しかし、フリーランスは会社員と異なり、営業のノウハウや経験が不足していることが多いです。そのため、営業で成功するためには、以下のテクニックを身につけることが重要です。


目次

 


1. ターゲット層を明確にする




営業活動を行う前に、ターゲット層を明確にしましょう。ターゲット層を明確にすることで、効果的な営業活動を行うことができます。

ターゲット層を明確にする際には、以下の点を考慮しましょう。


  • 年齢

  • 性別

  • 職業

  • 興味関心

  • 予算


2. 自己PRを明確にする



自分のスキルや経験を、クライアントにわかりやすく伝える自己PRを作成しましょう。自己PRを明確にすることで、クライアントに自分の強みや魅力をアピールすることができます。

自己PRを作成する際には、以下の点を押さえましょう。


  • 自分のスキルや経験を、具体的に伝える

  • クライアントが抱えている課題を解決できることをアピールする

  • 熱意や意欲をアピールする


3. 資料を作成しておく


資料

営業の際には、ポートフォリオや提案書などの資料を用意しておきましょう。資料を用意しておくことで、クライアントの理解度を深め、仕事の獲得につなげることができます。

資料を作成する際には、以下の点を押さえましょう。


  • クライアントのニーズを満たす内容にする

  • わかりやすく簡潔にまとめる

  • 資料の見た目を整える


4. アポイントを取る


アポ

営業活動の第一歩は、アポイントを取ることです。アポイントを取ることで、直接クライアントと会って話をすることができます。

アポイントを取る際には、以下の点を押さえましょう。


  • 事前に電話やメールで連絡する

  • クライアントの都合を尊重する

  • 丁寧な言葉遣いで対応する


5. クロージングを行う


営業

営業の最後には、クロージングを行い、仕事の獲得を目指しましょう。クロージングを行うことで、仕事の流れをスムーズに進めることができます。

クロージングを行う際には、以下の点を押さえましょう。


  • クライアントの意思を尊重する

  • 自信を持って提案する

  • 仕事の獲得に向けたアクションを促す


6. アフターフォローを行う


フォロー

仕事の獲得が決まったら、アフターフォローを行いましょう。アフターフォローを行うことで、クライアントとの関係を良好に保つことができます。

アフターフォローを行う際には、以下の点を押さえましょう。


  • 仕事の進捗を報告する

  • クライアントの要望を把握する

  • 感謝の気持ちを伝える


7. 継続的に営業活動を行う


営業

営業活動は、継続的に行うことが重要です。継続的に営業活動を行うことで、仕事の獲得の可能性を高めることができます。

営業活動を行う際には、以下の点を意識しましょう。


  • 営業活動の記録を残す

  • 反省点を改善する

  • 新しい営業方法を試す


まとめ


フリーランスが営業で成功するためには、以下のテクニックを身につけることが重要です。


  • ターゲット層を明確にする

  • 自己PRを明確にする

  • 資料を作成しておく

  • アポイントを取る

  • クロージングを行う

  • アフターフォローを行う

  • 継続的に営業活動を行う


これらのテクニックを身につけて、フリーランスとして営業で成功しましょう。

自力ウェブスクールのフリーランスコースでは、ウェブデザインの知識を学べるだけでなく、1件目のお仕事の獲得〜遂行までを完全サポート致します!

フリーランスのウェブデザイナーとして働きたいあなたにピッタリです。


バナー

Opmerkingen


bottom of page