top of page

家で働くママのフリーランス生活!気になるメリット・デメリット。成功するポイントもご紹介


フリーランスママ

近年、主婦をしながらフリーランスとして働く人が増えています。家で働く主婦のフリーランスは、仕事と家事の両立がしやすいというメリットがあります。


この記事では、家で働く主婦のフリーランス生活について、詳しくご紹介します。


目次



1. 家で働く主婦のフリーランスのメリット

家で働く主婦のフリーランスのメリットは、以下のとおりです。


  • 仕事と家事の両立がしやすい


家で働くため、仕事と家事の両立がしやすいというメリットがあります。子どもの送り迎えや、学校行事などにも参加しやすいです。


自分のペースで働ける

家で働くため、自分のペースで働くことができます。子どもの体調が悪いときや、家事が忙しいときは、仕事の時間を調整することができます。


収入を増やせる

家で働く主婦のフリーランスは、副業として働く人も多いため、収入を増やすことができます。


家で働く主婦のフリーランスのデメリット

家で働く主婦のフリーランスのデメリットは、以下のとおりです。


  • 仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすい


家で働くため、仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすいというデメリットがあります。仕事中に子どもの世話をしたり、プライベートの時間に仕事の作業をしたりしてしまうこともあるでしょう。


  • 孤独を感じやすい


会社員と異なり、オフィスで働く機会が少ないため、孤独を感じやすいというデメリットがあります。フリーランスコミュニティやオンラインサロンに参加したり、交流会やイベントに参加したりすることで、孤独感を解消しましょう。



2. 家で働く主婦のフリーランスとして成功するためのポイント

家で働く主婦のフリーランスとして成功するためには、以下のポイントを押さえましょう。


仕事と家事の両立を工夫する

仕事と家事の両立を工夫することで、効率的に働くことができます。家事や育児の効率化を図ったり、家族の協力を得たりしましょう。


仕事の時間を決める

仕事の時間を決めることで、仕事とプライベートの境界を明確にすることができます。また、仕事の時間を決めることで、集中して仕事に取り組むことができます。


コミュニケーションを大切にする

クライアントとのコミュニケーションを大切にすることで、仕事の依頼や継続につながります。また、フリーランスコミュニティやオンラインサロンに参加したり、交流会やイベントに参加したりすることで、情報交換や人脈作りをすることができます。



3. 家で働く主婦のフリーランスのリアル


インタビュー:ウェブデザイナーとして働くBさん

Bさんは、1人の子どもを育てながら、ウェブデザイナーとして働いています。Bさんは、家事や育児の合間に、スキマ時間を使って、ウェブデザイナーのスキルを身につけました。また、オンラインスクールでウェブデザインのスキルを学び、ポートフォリオを作成しました。Bさんは、現在、複数のクライアントから案件を獲得し、安定した収入を得ています。

インタビュー内容

Q:家で働く主婦のフリーランスとして働き始めたきっかけを教えてください。Bさん:子どもが小さいうちは、子どもの送り迎えや、学校行事などに参加するために、フルタイムで働くことが難しかったからです。また、自分の好きなことを仕事にしたいという思いもありました。

Q:家で働く主婦のフリーランスとして働いていて、大変なことは何ですか? Bさん:やはり、仕事と家事の両立です。子どもが熱を出して、仕事で納期を守れなくなることもあります。

Q:家で働く主婦のフリーランスとして働いていて、楽しいことは何ですか? Bさん:自分のデザインしたサイトやサービスが、実際に使われていることです。また、自分の好きな時間に、好きな場所で働けることも、フリーランスの良いところだと思います。


まとめ


家で働く主婦のフリーランスは、仕事と家事の両立がしやすいというメリットがあります。しかし、仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすいというデメリットもあります。自分のスキルや経験、ライフスタイルなどを考慮して、家で働く主婦のフリーランスとして働くかどうかを検討しましょう。もし、家で働く主婦のフリーランスとして働くことに興味があるなら、しっかりと準備をして、成功を目指しましょう。


バナー

Commenti


bottom of page