top of page

ウェブデザインのフリーランス案件の探し方【2023年最新版】


ウェブデザイン

ウェブデザインのフリーランスとして仕事をするには、案件を獲得する必要があります。

そこで、この記事では、ウェブデザインのフリーランス案件の探し方について、完全ガイドとしてご紹介します。


目次

案件の種類

ウェブデザインのフリーランス案件には、大きく分けて2つの種類があります。


  • 業務委託案件

  • 請負案件


業務委託案件とは、クライアントがフリーランスに業務を委託し、その対価として報酬を支払う案件です。

請負案件とは、クライアントがフリーランスに成果物を納品してもらい、その対価として報酬を支払う案件です。


どちらの案件にするかは、業務の内容や成果物の性質によって異なります。



案件の探し方

ウェブデザインのフリーランス案件は、以下の方法で探すことができます。


  • クラウドソーシングサービス

  • フリーランスエージェント

  • 人脈

  • 自分で営業する



クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、企業や個人が仕事を発注し、フリーランスがそれに応募できるサービスです。

ウェブデザインのフリーランス案件は、クラウドソーシングサービスで多く取り扱われています。

クラウドソーシングサービスを利用するメリットは、以下のとおりです。


  • 案件を簡単に探すことができる

  • スキルや経験に応じた案件を選ぶことができる

  • 報酬や納期を自由に設定できる


クラウドソーシングサービスを利用するデメリットは、以下のとおりです。


  • 競争率が高い

  • 単価が低い案件が多い

  • クライアントとのトラブルが発生する可能性がある



フリーランスエージェント

フリーランスエージェントとは、フリーランスとクライアントをマッチングするサービスです。

フリーランスエージェントを利用すると、エージェントが案件を紹介してくれるので、自分で案件を探す手間が省けます。


フリーランスエージェントを利用した案件は、以下のようなメリットがあります。


  • エージェントが選定した案件を紹介してくれるので、質の高い案件に出会える可能性がある

  • エージェントが契約や報酬交渉などを代行してくれるので、手間が省ける

  • エージェントがサポートしてくれるので、トラブルのリスクを軽減できる


フリーランスエージェントを利用した案件のデメリットは、以下のとおりです。


  • エージェントへの手数料がかかる場合がある

  • エージェントが紹介する案件は、エージェントの審査を通過したものであるため、自分の希望と合わない可能性がある



人脈

人脈を活用して、案件を獲得することもできます。

ウェブデザインの仕事をしている人や、ウェブデザインの仕事を依頼する立場にいる人と知り合うことで、案件を紹介してもらえたり、直接仕事を依頼してもらえたりします。

人脈を活用して案件を獲得するメリットは、以下のとおりです。


  • 自分のスキルや経験に合った案件を紹介してもらいやすい

  • 直接仕事を依頼してもらえたり、単価交渉がしやすくなったりする

  • トラブルのリスクを軽減できる


人脈を活用して案件を獲得するデメリットは、以下のとおりです。


  • 人脈に恵まれていないと、案件を獲得するのが難しい

  • トラブルに発展する可能性がある



自分で営業する

自分で営業して、案件を獲得することもできます。

ウェブデザインのスキルや経験を活かして、企業や個人に直接営業します。


自分で営業して案件を獲得するメリットは、以下のとおりです。


  • 自分の希望に合った案件を獲得しやすい

  • 単価交渉がしやすい

  • トラブルのリスクを軽減できる


自分で営業して案件を獲得するデメリットは、以下のとおりです。


  • 営業活動に時間がかかる

  • 案件を獲得するのが難しい

  • トラブルに発展する可能性がある



まとめ

ウェブデザインのフリーランス案件は、以下の方法で探すことができます。


  • クラウドソーシングサービス

  • フリーランスエージェント

  • 人脈

  • 自分で営業する


自分の状況や希望に合わせて、案件の探し方を選びましょう。

さらに、下記では案件獲得のためにできることをご紹介します。



案件獲得のためにできること


①自分のスキルや経験を把握する

自分のスキルや経験を把握することで、自分に合った案件を探すことができます。 ウェブデザインのスキルには、以下のような種類があります。


  • デザイン

  • コーディング

  • フロントエンド開発

  • バックエンド開発

  • デザインシステム

  • 情報設計

  • アクセス解析

  • マーケティング


自分のスキルや経験を整理し、自分の強みや得意分野を明確にしましょう。 また、自分のスキルや経験が不足している場合は、スキルアップのための勉強やトレーニングを行いましょう。

②案件の種類や条件を明確にする

自分が希望する案件の種類や条件を明確にすることで、効率的に案件を探すことができます。案件の種類には、以下のようなものがあります。


  • 業務委託案件

  • 請負案件

  • 単発案件

  • 継続案件

  • リモート案件

  • 常駐案件


案件の条件には、以下のようなものがあります。


  • 報酬

  • 納期

  • 勤務時間

  • 勤務場所


自分の希望する案件の種類や条件を明確にして、それに合った案件を探しましょう。

③複数の方法で案件を探す

1つの方法に絞らず、複数の方法で案件を探すことで、案件獲得のチャンスを広げることができます。 案件の探し方には、以下のようなものがあります。


  • クラウドソーシングサービス

  • フリーランスエージェント

  • 人脈

  • 自分で営業する


自分の状況や希望に合わせて、複数の方法で案件を探しましょう。

④ポートフォリオを充実させる

自分のスキルや経験をアピールするために、ポートフォリオを充実させましょう。 ポートフォリオには、自分の作品や実績をまとめたものを用意しましょう。 ポートフォリオは、ウェブサイトやPDFで作成できます。 また、ポートフォリオを公開することで、より多くの人に自分のスキルや経験をアピールすることができます。

⑤コミュニケーション能力を磨く

クライアントとの円滑なコミュニケーションを図るために、コミュニケーション能力を磨きましょう。ウェブデザインの仕事では、クライアントの要望を理解し、それに応える必要があります。クライアントとのコミュニケーションを円滑にするために、ヒアリングスキルや交渉スキルを身につけましょう。

⑥ スキルアップを続ける

ウェブデザインの技術は日々進化しています。スキルアップを続け、常に最新の技術を身につけるようにしましょう。ウェブデザインのスキルアップには、以下の方法があります。


  • オンライン講座やセミナーを受講する

  • 書籍やウェブサイトを参考にする

  • コミュニティに参加する

  • 自主制作を行う


スキルアップを続けることで、より多くの案件を獲得できるようになり、フリーランスとして活躍できる可能性が高まります。



Comments


bottom of page