一億総ウェブデザイン時代

​生き残るためのスキルUP

ウェブ制作はインハウス化する

日本のIT技術は欧米の後を追っています。中枢であるシリコンバレーを北欧やイスラエルなど世界的に見ても日本が遅れている現状は否めません。

現在、そうした国々ではウェブ制作会社が存在しないことはご存知でしょうか?様々な要因がありますが、ウェブデザインはインハウス化し、多くの企業が社内にそうした機能を持っているのです。

これから​何がビジネスになるのか?

もちろん日本でもインハウスの流れは止められません。ウェブ制作会社は減少し、様々な企業で社内に取り込まれていきます。では、今日明日そのようなことが急に起こるわけではなく、過渡期にはウェブ制作ができる人材の「採用」または「育成」を経てインハウス化していきます。

​つまり、今後は人材の採用や育成こそがビジネスになるわけです。

ウェブマーケティングを前提とした
​デザイン・SEO・コンテンツメイキング

Wixほど簡単にウェブデザインができるツールが出現している現状から、従来のウェブ制作だけで生き残ることはできなくなることは用意に想像できると思います。

これからコーディングやプログラミングのスキルアップに時間を費やすのか、ビジネスにとって本当に必要なマーケティングのスキルを磨くのか、はたまた上流をおさえて教育者になるのか。ウェブ制作社はシビアな選択を迫られています。