新人デザイナーに密着してみた ~どうして今ウェブデザイナーをめざすのか?宮本さん編 Vol.1~

更新日:5月24日




こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!




わたし、ふと思ったんです。



「いや、毎日意識高い系のブログUPしてるけどさ~


実際どんな人がウェブデザイナーとして働いてるのかとか


未経験でどうやって転職できたのかとかみたいな、


生の声のほうがみんな興味あるんじゃない?」



って…。


幸いにも、まわりには私含めた5人の新人デザイナーが在籍しているわけで…

しかも皆さんそれぞれ個性があって素敵な面々なので…



\よーし!みんなにインタビューするぞ~!/




と決意しました。


その名も


「新人デザイナーに密着してみた ~今どうしてデザイナーを目指すのか~」


新人デザイナー5人にそれぞれインタビューをし、一週間かけてインタビュー記事を投稿!

毎週月曜日には、インスタリールで「今週密着するスタッフ」の紹介をしていきます。


企画第一弾は5/23(月)~5/27(金)まで


入社一か月・美人ママウェブデザイナー「宮本朝陽さん」


に密着インタビューさせて頂きました!


早速その模様をお楽しみください♪



― 森 今日から1週間、宜しくお願いします。



宮本 宜しくお願いします!

(宮本さんの美しい笑顔キランッ✨)




― 森 さっそくですが、以前は何をされていたんですか?



宮本 金融関係や美容関係、派遣で学校事務をしていました。



― 森 わたし、以前に受付の仕事していたと伺った気がするんですが、

他にもいろいろなところで事務されていたんですね!



宮本 そうなんです~!美容関係の受付だったんですけど、そこは小さなところだったので受付だけでなく経理から、秘書的な事から、なんでもやってましたよ。



同じタスクを繰り返す日々に感じた不安


― 森 ではなぜあえて今デザインの仕事に転職したんですか?



宮本 デザインの仕事に就いた理由は、大げさかもしれませんが、生きる力を付けたかったからです。


あくまで個人的な感覚なのですが、私にとって事務系のお仕事はタスクをこなすだけで、それから何かを得られている感覚が乏しく、この先30年、同じことを続けていくことへの窮屈さと漠然とした不安がありました。そこで35歳を目前に、行くなら今しかない!と転職活動へと踏み切りました。



― 森 あれ?でも結構いろいろな事任されてた感じしましたが、、、





宮本 受付や事務のお仕事では、やった事が形になる仕事ではないのですが、それを創造できるという采配権デザインは形に残るじゃないですか。そういった仕事に憧れがありました。それから、単純にデザインが好きです。



働く上で大切な事、守りたいものを叶えられるのはデザイン業界だった


― 森 この世界に宮本朝陽の作品を残していきたい!ってことですね!

ではもうデザイン業界一本で転職活動されてたんですか?



宮本 実はそんな感じでもなかったんですよね。インテリア関係や建築関係も考えていました。


働く上で家族と過ごす時間は優先度が高く、土日祝日休みのところを探していました。就業条件は大きなウエイトを占めていたので、働きたい業種と自分の就業条件がマッチングするところを見つけるのはちょっと大変でしたね。

そもそも未経験は雇ってもらえない…。



― 森 募集の段階で未経験者は応募できないって感じですもんね…




宮本 結局夫の持病などもあり、将来的に働き方を選択できるデザインの仕事に就きました。

私にとって、働き方について選択権があることは力があり自由であることだと感じています。今、学ばせて頂きながらお仕事をしています。




〈初回インタビューを終えての感想〉


年齢とともに自分のやりたい事、今の自分ができる事を考え始めたという宮本さん。

かっこいいですね!




次回は

・どうしてこの会社を知ったのか?

・入社を決めた3つの要因は?

・入社前と後のギャップ

について伺いました。


明日もお楽しみに!






ー お ま け ー



「顔出しですか?マスクありならOKです!」


マスクの下も申し分ない美人なのだが、(水〇希子系美人)

本人曰く

「色々なものが明るみになるので」

との事。

言葉選びが秀逸である。







美人なだけではなく、おちゃめでもある宮本さん


撮影中も

「わたし、家ここ(柵の向こうは川)なんです!では帰ります!ザブーン!!」

という小粋なジョークを繰り広げてくれる。







閲覧数:72回0件のコメント