未経験のウェブデザイナーは地方で働けるか?






こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!





テレビなどのメディアでは、首都圏でバリバリ働いていたウェブデザイナーがフリーランスとなり、地方へ移住して働くというスタイルがクローズアップされています。


これからウェブデザイナーとして働きたい未経験の人は、ある程度のスキルや経験値がなければ地方で在宅で働くことは難しいのではないかと考えるかもしれません。しかし、ウェブデザイナーというお仕事は、副業でもフリーランスでも雇用形態に関係なく、また全国どこに住んでいても、完全在宅で働くことが可能なお仕事です。つまり、都市部のように企業の数が多くない地方ほど、大きなメリットを実感できます。




地方なら地元の企業をターゲットにするべし


未経験の人がウェブデザイナーとしての実績を積むためには、いきなり大企業からの大きなハイレベルの案件に挑戦しようとしても、受注することは難しいでしょう。それよりも、個人事業主や中小企業からの案件の方が受注しやすいことは言うまでもありません。



地方にはこうした中小企業がたくさんありますし、これからウェブマーケティングに取り組もうと考えている企業も多くあります。地方でウェブデザイナーとして活動するなら、まずは地元の企業を中心にアプローチすることをおすすめします。


地元企業は都市部にある企業よりも競争率が低い傾向があり、案件を受注しやすいでしょう。また、企業にとっても、ウェブデザイナーが地元にいることで優先的に案件を発注してくれるかもしれませんし、万が一の際には対面でコミュニケーションが取れるという安心感もあるでしょう。

完全に在宅で働くウェブデザイナーのお仕事でも、お互いの信頼や安心感は、案件を発注したり受注したりする際にはとても大きな役割があります。






企業のIT化に貢献できる感動もある


地方には、まだIT化に取り組んでいない中小企業もあります。


IT化を検討していても、どこに何を依頼すれば良いか分からないという企業もあれば、IT化が業務にどのように役立つかが明確でないからIT化に踏み切れない企業もあるでしょう。


地方で活動することは、まだIT化に取り組んでいない企業に対してIT化を推進し、貢献できるチャンスもあります。企業がIT化によって業績を伸ばせば、ウェブデザイナーにとっても達成感や充実感を得られるでしょう。





その結果、企業との人間関係が構築でき、リピートで案件を発注してもらえる可能性も期待できます。




未経験でもクラウドソーシングで実績と自信をつけることもできる


地方に住んでいても、クラウドソーシングを利用すれば、全国の企業から出されている案件に対して応募できますし、受注できれば実務実績を積むことができます。





未経験の人にとっては、発注された案件にきちんと対応できるかという点で、経験不足からくる不安があるかもしれません。しかし、小さな案件でも少しずつこなすことによって自信がつきますし、実務経験や実績を積むこともできるでしょう。


ウェブデザイナーの案件はいろいろな所にあります。実績を積みながらスキルアップを図り、地元密着型の企業と人間関係を築くことで、地方に住んでいることを大きなメリットにすることも十分に可能です。




対価以上の価値を提供するのが成功のコツ


ウェブデザイナーとして生計を立てている人の中には、地方に住んでいる人もたくさんいます。

クラウドソーシングで案件を受注している人もいますし、企業から直接指名されて案件を受注する人もいます。


企業と密接な関係を築くためには、いずれの場合でも、対価以上の価値を提供することが必要不可欠です。「あのウェブデザイナーに任せれば安心だ」と企業に認められれば、自身でマーケティングをしなくても口コミで評判が広がり、企業からの依頼が少しずつ増えてきます。



まとめ

​✍ウェブデザイナーは地域に関わらず仕事ができる

✍地方で働くなら、まず地元の中小企業にアプローチをする

✍クラウドソーシングで案件をこなし、自信を付ける

✍企業との信頼関係を構築できれば、依頼が増えてくるきっかけになる





「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?




閲覧数:20回0件のコメント