どこでもできる在宅の仕事ならウェブデザイナーがおすすめ




こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!





在宅ワークとは、「基本的に職場やクライアントとの打ち合わせなどはメール等オンラインで完結し、自宅にいながら働く」という形です。在宅ワークとして仕事をする場合には、自宅に作業用のパソコンがあり、ネット環境があることは大前提となるでしょう。この環境が自宅にあれば、全国どこでもできる点が、在宅ワークの最大の魅力です。





在宅ワークはどういう人に向いている?


在宅ワークは、多くの人に適しています。昼間はサラリーマンとして働きながら、自宅で過ごす夜間を利用してお小遣い稼ぎをすることもできます。また、小さな子供の育児や高齢の両親の介護をしながら、空いている時間を有効活用して稼ぎたいという人もいるでしょう。その他にも、フリーランスとして在宅ワークだけで独立している人もたくさんいます。在宅ワークの魅力は、自身のライフスタイルや希望に合わせて働ける点もあるでしょう。








在宅ワークは、デジタルデータを取り扱う仕事がメインとなります。それぞれ必要となるスキルや作業環境が異なり、企業からの案件単価も多種多様です。できるだけ効率的に稼ぐなら、誰でもできるお仕事ではなく、ある程度のスキルが求められるものを選ぶのがおすすめです。








なぜウェブデザイナーの仕事がおすすめなのか?


どこでもできる在宅ワークの中でも、ウェブデザイナーは特に人気があります。どうしてなのでしょうか?


企業からのニーズが多い

近年では大企業だけでなく中小企業や個人事業主も、ビジネスのセールスやマーケティングにデジタルデータやデジタルコンテンツを活用しています。その際に必要不可欠なのはホームページです。ホームページをセンス良く、ユーザーにとって使いやすいものに仕上げるためには、ウェブデザイナーの力が必要なのです。




スキルレベルが多種多様

在宅ワークは全国だけでなく、海外も含めてどこからでも働くことが可能です。そのため、1つの案件に応募する求職者はとても多く、好条件の案件は特に大激戦となってしまいます。そんな激戦の中では、実績が少ない初心者はどうしても不利となってしまうでしょう。


しかし、ウェブデザイナー向けの案件は、バナー作成やホームページの簡単なカスタマイズなど、未経験者でも基本的な知識とスキルがあればこなせる案件がたくさんあります。そうした案件に対しては、ベテランのウェブデザイナーたちは応募しないため、初心者にとっては受注しやすいというメリットもあります。





パソコンがあれば作業できる

画像やイラストの編集ソフトなどの環境整備は必要ですが、パソコン以外に準備しなければいけない機材などはありません。そのため、まとまった初期費用がかからないという点で、在宅で働きたい人にとっては始めやすいお仕事なのです。







在宅ワーク=テレワーク?


働き方が多様化する中では、職場に通勤せずに異なる場所で働いたり、本業以外に自宅で副業したりなど、さまざまな働き方が注目されるようになりました。在宅ワークやテレワークなど、呼び方もさまざまなので、違いがよく分からないという人も多いのではないでしょうか。


在宅ワークとは、自宅で働くお仕事のことを指します。企業に所属して働くのか、それともフリーランスや副業として働くのかは関係なく、作業する場所が自宅なら、在宅ワークと呼びます。


一方のテレワークは、企業に所属している人が、職場以外の場所で働くことを指します。在宅の場合にもテレワークとなりますが、必ずしも在宅とは限りません。




まとめ

​✍在宅ワークはネット環境が整っていれば誰でもできる

✍在宅ワークはデジタルデータを取り扱う仕事に向いている

✍ウェブデザインの在宅ワークが人気な理由は

​1ニーズが多い

​2スキルレベルが多種多様なため、実績に合わせて仕事が選べる

​3パソコン以外の機材がいらない

✍在宅ワークは単純に家で仕事する人のことフリーランスで家で働く人もテレワークも含まれる






「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?




閲覧数:11回0件のコメント