デザインスキルが身につくには何が必要?








こんにちは!ジリキウェブスクールの大久保です!



ウェブデザイナーとなって3年目くらいから、自分のデザイン力が伸び悩むのを感じる人が多くなります。


最初の一年目くらいまでは、覚えることが必死で、色々な事にチャレンジしていく時なので、自分のデザイン力が低いのは当たり前で、少しずつ自分が手がけた作品が形になっていく喜びが強いものです。


しかし3年目となると、最初の頃のドキドキが無くなってきて、しだいに自分のデザイン力の伸びしろの少なさに俄然としてきてしまうのです。こんな風に頭打ちになってしまっても大丈夫です!ウェブデザイナーは誰でも、自分のデザイン力に悩む時期があるからです。



デザインスキルアップは模写が一番!



デザインスキルが身につくには、沢山のウェブサイトを模写することが大切という話はよく聞くのではないでしょうか。確かにウェブサイトの模写は、良いデザインを学ぶだけでなく、photoshopやillustratorなどのスキルもアップするのでおすすめですが、自分のデザインスキルアップに繋がっていないことも多々あるのです。


あるウェブデザイナーさんは、ウェブサイトの模写を沢山しているが、自分のデザイン力が上がったようには到底思えないと日々悩んでいました。なぜこのような事が起こるのかというと、このウェブデザイナーさんの場合、そっくりのコピーを作ることに集中してしまって、選んだウェブサイトが何故素敵なデザインなのかをしっかり考えていなかったからです。


つまり、選んだウェブサイトをしっかりと観察して、例えばグラデーションが使われているとか、境界線が入れられている、色が対照的に使われているなどをウェブサイトに隠されている技を見抜けていなかったのです。



ウェブサイトの模写にチャレンジしたのは、そっくりそのままを作ることが目的ではなかったはずですよね。美しいと思うウェブサイトの技術を盗むために模写を行わなければ、どれだけウェブサイトをしても一向にデザイン力は上がりません。もし、模写をしても、自分のデザインスキルが上がっていないと思うのであれば、模写する目的をまず見直してみてください。


模写する対象は、最初は好きなジャンルのウェブサイトで良いでしょう。その後は、好きなジャンルだけでなく、コーポレートサイトやアパレル業界、お菓子、ECサイトなど、様々なジャンルのサイトを模写してみてください。10種類くらい模写すれば、かなりデザインスキルが身についているはずです。



デザインスキルアップにデッサンがおすすめ!


デッサンというと、美術系の人が鉛筆を使って描くモノクロの世界を思い浮かべると思います。そしてデッサンなんか、ウェブサイトのデザインに全く関係がないと思うでしょう。実はデッサンはとても奥が深く、黒の濃淡だけで、物の形や質感、陰影などを表します。つまり良く観察していなければ、デッサンは描けないのです。


対象物をよく見て、それを紙の上に表現するというのは並大抵の能力ではできません。事実、ウェブデザイナーの多くは、デッサンに苦手意識を持っています。だからこそ、新米ウェブデザイナーさんに身につけて欲しいのが、このデッサン力で、物体をしっかりと見て、それを数分で描く練習を繰り返していくと、どうすれば表現力が上がるかを少しずつ体得することができます。良いデザインと思えるウェブサイトを見て、何が良いと思わせているのかを見抜く癖がつくようになるのです。






デザインの技を盗もう!


デザインスキルを上げるには、まず何が良いのか観察する癖をつけましょう。そして、模写を続けていれば、しだいにデザインスキルが身に付くはずです。ウェブデザイナーなら誰しも一度はぶち当たる壁ですから、時には休憩しつつ、デザインスキルをアップさせてくださいね。





「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?



閲覧数:0回0件のコメント