フリーランスとしてウェブデザインをするリアルを知りたい!







こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!




ぶっちゃけ、フリーで働くってどうなの?というギモンにお答えします!



フリーランスでウェブデザインの仕事をする際に必要なリアルなスキル


フリーランスとしてウェブデザイナーの仕事をするためには、ウェブデザインのスキルや知識を持っているだけでは十分とは言えません。フリーランスは企業に属さない個人事業主となるため、案件を受注するまでのマーケティング活動から、実際に案件を受注して納品するまでに必要な全ての工程を、自身で管理しなければならないのです。その際に必要となる、リアルなスキルがあります。







1つ目のスキルは、タスクを管理するスキルです。


タスク管理とは、するべき作業をリストアップした上で、漏れることがないようにきちんと管理しながら作業を行うスキルです。受注した案件の納期に余裕をもって間に合うように、スケジュール管理をすることもまた、フリーランスに必要なスキルとなります。



2つ目のスキルは、営業スキルです。


フリーランスが案件を受注するためには、ウェブデザインのニーズがある企業へ存在を知ってもらい、自身に発注したいと思ってもらえるような営業力が必要不可欠です。具体的には、人脈を広げたり、メールや電話、SNSなどを使ってマーケティングをしたりなど、コツコツとした営業努力が必要となります。 3つ目に必要なスキルは、マーケティングスキルです。どんなターゲット層に対して営業するのかによって、マーケティングのスタイルは大きく異なります。ウェブデザインを学ぶオンラインスクールの中には、マーケティングスキルについてもオプションで学べるところがあります。ぜひ有効活用したいものですね。





スキルと収入をアップするポイントとは?


フリーランスはスキルや経験を積むことで、発注につながりやすくなります。それが実績となり、収入アップにつながります。

ウェブデザインに関する知識やノウハウは、トレンドなどと共に進化しているため、フリーランスなら自身で積極的に、新しいスキルや最新の知識についても取り入れていくことが必要でしょう。

そうしたスキルを自身のポートフォリオに反映させることによって、企業に発注したいと思ってもらえます。 具体的にスキルをアップするために、ウェブデザイナーができることはたくさんあります。


もしもウェブデザインの世界に足を踏み入れたばかりの人なら、企業で働くという方法がおすすめです。企業に所属することによって安定した収入が期待できるだけでなく、ウェブデザインに関連するスキルや知識も働きながら学ぶことができます。タスク管理やマーケティングなどについても学ぶことができれば、将来フリーランスとして独立した時にも役立つでしょう。



もしも企業に属さずフリーランスとして働きながらスキルアップするなら、プログラミング言語のスキルを高めるのがおすすめです。ウェブデザイナーの中には、JavaやPHP、Pythonなどのプログラミング言語にも精通している人が少なからずいます。その場合、企業から受注できる範囲が広くなるために依頼されやすく、受注できる可能性が高まります。





これらの知識は独学で学ぶこともできますが、効率的かつ効果的に学ぶなら、オンラインスクールなどを利用することも検討してみてください。 フリーランスとして収入アップするためには、実績を増やすことが必要不可欠です。スキルアップをしながら実績を増やしていけば、それが収入アップをもたらしてくれます。最初から高単価の案件を受注しようと頑張っても、実績がない人にとっては高いハードルとなってしまうことが多いものです。収入面で不安がある人は、まず企業に所属して働きながら人脈を広げていき、リアルなスキルアップを目指すと良いのではないでしょうか。







「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?



閲覧数:8回0件のコメント