フリーランスのウェブデザイナーとは?








こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!



ウェブデザイナーとして収入を得ている人はたくさんいます。その中には、企業に所属して働く人もいれば、副業として空いた時間を利用して案件を獲得する人もいます。


また、フリーランスとして活躍している人もいます。フリーランスのウェブデザイナーとは、どこの企業にも所属せず、個人事業主として働くと形態を指します。企業に属していないため、ウェブデザイナーとしての案件は、複数の企業からそれぞれ業務受託案件として受けることになります。


多くの企業には、Webデザインのニーズがあります。ウェブデザイナーを雇用して社内で育成するよりも、すぐに即戦力として働けるウェブデザイナーへ案件を依頼した方が早く、しかもハイレベルな仕上がりになるという点で、フリーランスのウェブデザイナーは高いニーズがあるのです。今後もこうした状態は続くと考えられているため、フリーランスとして独立するウェブデザイナーは少なくありません。





フリーランスのウェブデザイナーに必要な知識


フリーランスのウェブデザイナーとして活躍するためには、Webデザインに関する知識だけでは十分ではありません。画像や動画を編集するスキルが必要ですし、そのためのアプリやソフトを準備しておくことも必要でしょう。


また、CSSやJavascriptのようなWebデザインと大きな関係があるプログラミング言語についても、基本的な知識は必要となります。


その他、自身のビジネスを多くの人や企業に知ってもらうため、マーケティングに関する知識も持っていた方が良いでしょう。










フリーランスのウェブデザイナーはいくら稼げる?


企業の社員として働く場合、その職種がウェブデザイナーであってもなくても、お給料はその企業が規定する給料形態に従うことになります。案件がない状態でもお給料は発生するため、安定感はあるでしょう。


しかし、フリーランスの場合には、企業から案件を受注しなければ収入にはなりません。ですから、ウェブデザイナーとして独立して、すぐにまとまった収入を得られるというわけではありませんし、スキルや経験値、知名度などによっても収入は大きく異なります。



一般的なウェブデザイナーの場合、平均的な年収は300万円から400万円程度が目安となります。しかし、これはあくまでも経験値やスキルがある人の場合の目安なので、ウェブデザイナーとして活動し始めたばかりの人がいきなりこの年収を得られるわけではないことを認識しておいてください。




未経験からフリーランスのウェブデザイナーになることはできる?


オンラインスクールでウェブデザイナーに必要なスキルや知識を学び、フリーランスとして独立することは十分に可能です。しかし、これまでにフリーランスとして案件を受注した実績がなければ、企業からの受注に結び付けることはなかなか大変かもしれません。


企業からのWebデザインのニーズがあった場合、多くのウェブデザイナーが殺到します。特に、経験値が少ないデザイナーにも対応できそうな案件に対しては、報酬よりも経験値を積みたいというデザイナーが多く募集し、激戦となることが多いです。その中から、企業はどのウェブデザイナーに発注するかを選ぶわけです。




経験値が少ないウェブデザイナーは、そうした激戦においては不利になってしまいます。その事態を避けるために、たくさんの案件に応募することは必要不可欠です。また、作業内容に対して報酬がイマイチだなと感じる案件でも、経験値を高める目的で積極的に受注することも、フリーランスとしてキャリアを築くためにはある程度必要なことなのかもしれません。






「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?




閲覧数:2回0件のコメント