ウェブデザイナーは将来性がある仕事?







こんにちは!ジリキウェブスクールの森です!


ウェブデザイナーは、IT技術の発達とともに、今後もニーズが見込める仕事の一つです。

ウェブサイトの存在がなくならない限りは、ウェブデザイナーの需要もありますし、ウェブサイトのトレンドや流行に合わせたカスタマイズ作業にも高いニーズが継続的に発生するでしょう。




ウェブデザイナーの将来性は高い


昨今では、コーディングやプログラミングの技術がなくても、

誰でも簡単にウェブサイトを作成できるツールなどが多く普及しています。そのため、その点においてはスキルレベルが低いウェブデザイナーだと将来性は期待できないと考える声もあります。

ウェブデザイナーとして継続的に活躍したい人は、ウェブデザインに関して高い知識やスキルを身に着けることは、必要不可欠な条件となるかもしれません。





ジリキウェブスクールのWix講座は最短3か月程度でウェブデザインの知識が身につく!


難しいHTMLやCSSを知らなくても今話題のwixで

ウェブデザイナーをめざせるオンラインスクールです♪





ウェブデザイナーの仕事に対するニーズは変動している


ウェブデザイナーの仕事は、ウェブサイトが普及し始めた2000年代から注目されており、人気は右肩上がりに高まっています。しかしウェブデザイナーに求められる素質やスキルに関しては、時代の流れとともに少しずつ変化しています。この点を理解すれば、将来性に関しても予測しやすくなるでしょう。


例えば、ウェブデザイナーという仕事が一般的に知られるようになり、転職先として人気が出始めた2000年代後半においては、ウェブサイトのデザインをいかに顧客の希望に合わせるかという点が重視されていました。ウェブサイト作成ツールなどはありましたが、現在のようにハイクオリティなテンプレートは少なく、基本的にはウェブデザイナーが細かい仕様に合わせてサイトデザインを手掛けていました。またこの頃には、Photoshopを使ってワイヤー作成ができるクリエイターにも、高いニーズがありました。


その後、2010年代の前半になると、ウェブデザイナーという仕事の職域が少しずつ変動しました。このころにはWordpressのようなウェブサイト作成ツールも普及し、企業は簡単にサイト作成ができる環境を手に入れることができました。この頃のウェブデザイナーは、Wordpressのテーマを作成できるスキルに加えて、コーディングスキルやスマホ対応のレスポンシブ対応などが可能なクリエイターであることが、企業から高いニーズを得ていたのです。


それでは、2020年以降のウェブデザイナーには、どんなスキルが求められているのでしょうか。近年では、ウェブデザイナーの職域が以前よりもさらに広がっています

顧客のニーズや希望をウェブデザインという形に反映させるため、ウェブデザイナーはウェブデザイン作成作業だけでなく、最初の開発要件やヒアリングの段階からプロジェクトに携わるようになりました。ウェブマーケティングやセールスに関する知識も、求められるようになったのです。

さらにレスポンシブ対応スキルは、スマホが広く普及する昨今においては、持っていなければ案件受注が難しい必須のスキルの一つとなりました。さらに、静的なウェブサイトだけでなく、動的なページ作成ができるスキルやノウハウも、ウェブデザイナーに求められています。





今後ウェブデザイナーに求められるスキルとは?


今後も、ウェブデザイナーに求められるスキルやノウハウ、そして職域は少しずつ時代とともに変化すると予想されています。今後は、これまでよりもさらに高いコーディングやプログラミングのスキルが必要となるかもしれません。

また、ホームページ作成のためのウェブデザインだけに携わるのではなく、作成したホームページへの訪問数をはじめとするデータを分析して、軌道修正するディレクション業務に関しても精通していたほうが、案件を受注しやすくなるでしょう。






「そもそもどうやって勉強したらよいかわからない…」


「HTMLやCSSに挫折してしまったけどウェブデザイナーを諦めたくない!」


「無料でサイト制作してみたい…」


「フリーランスに必要な知識やスキルを知りたい!」


そんなお悩みがある方は、Wix .comを活用して短期間で学べる

ジリキウェブスクールの無料体験を受けてみませんか?



閲覧数:5回0件のコメント